売れるPOPの作り方(4)「数字」が伝えるリアリティ

2018年06月06日

売れるPOPの作り方(4)「数字」が伝えるリアリティ
POP広告に限らず、広告は「人の興味」や「人の心」をつかむことが必要ですが、お客様の「買う瞬間」にいつも寄り添うPOP広告にとって「キャッチコピー」はものすごく大切です。
POP広告の出来はキャッチコピーで決まる、と言っても過言ではありません。

さて、そもそも「キャッチコピー」とは、何かを「キャッチ」するコトバ、ということです。では何をキャッチするのでしょうか?

そうです。キャッチするのはお客様のココロ。つまり「人の心」です。「人の心」をつかむコツを少し知っていたりすると、キャッチコピーも不思議なほど簡単に作れるようになります。つまり「心理学」ですね。
その心理学にヒントをもらいながら、あなたのPOPを売れるPOPにしていきましょう。

キャッチコピーにおける「数字の力」

ここに2つのキャッチコピーがあります。

1)【今日採れた分だけの限定販売です】
2)【15個採れた分・・・の13個だけ!限定販売です】


どうですか?1)と2)の違いがわかりますか?
どちらのキャッチコピーが、お客様の心を引きつけるでしょう?

1)と2)の違い。それは「数字」です。そしておそらく2)のキャッチコピーの方が売上は多いはずです。

人は抽象的なものよりも、具体的なものを好みます。そして何かを具体的にするのに「数字」は非常に役に立ちます。

たとえば・・・
1) 食べた人全員が「おいしい」と言いました。
2) 食べた人31人全員が「おいしい」と言いました。

1) 農薬は一切使っていません!
2) 農薬は「0%」です!

1) 甘さたっぷり!
2) 糖度17度の甘さです!


どうですか?どれも2)の方が「伝わり方」が強いと思いませんか?

数字の力

リアリティーを増す数字の用い方

ちょっと専門的に説明すると、数字には
●誰でも知っている存在で、視認効果(見た目に目立つ)が高い。
●メッセージに具体性が出てきて、信ぴょう性が高くなる。
●読む人が簡単にイメージすることができる。

という特徴があります。

つまり数字を使うと、伝わる力が数倍アップします。ぜひあなたのPOPのキャッチコピーに「数字」を入れてみてください。

そして、その時にはちょっとした「隠し味」を・・・。
実はその数字、少し「中途半端」な数字を使うと、よりリアリティーが増します。

たとえば
「破格の値引き!20%引きです」
よりは→
「これ以上の値引きは無理です!18%引きでご提供!」

「昨日40個が完売しました!」
よりは→
「昨日37個が完売しました!」

「直径10cmの大きなリンゴです!」
よりは→
「直径10.4cmの大きなリンゴです!」

というように。

「なんだ。そんなこと」と思われるかもしれません。でもその「そんなこと」が、POP広告ではすごく重要になります。そしてあなたが「そんなこと」と思ったとしたら、それはあなたが「売れるPOP作り」に少し近づいた証拠でもあります。

心理学はどこか手品に似ています。タネを知ってしまえば、ヒミツを知ってしまえば、「なぁ~んだ」と思うことでも、それを知らなければ「なぜ売れるのか?」不思議でなりません。
あなたもそんな「ちょっとした手品」を扱うマジシャンのように、明日から「売れるPOP」を作って、お客様の前に出していきましょう!

文:中小企業診断士 橘高 唯史

関連記事

関連記事

売れるPOPの作り方(2)無意識に訴える、3つのタイプのフレーズ
2017年06月28日

売れるPOPの作り方(2)無意識に訴える、3つのタイプのフレーズ

POP広告は「いつもお客様のそばにいる販売員」と呼ばれていることは、「売れるPOPの作り方(1)」で説明したとおりです。
でも、だからといって「買ってください!」というようなPOPを見てもお客様は反応しません。私たちの身の回りにはモノがあふれていますし、毎日いろんな広告を目にしていますから、その中で目立つ、あるいはひっかかるものでないと、スルーされてしまうでしょう。

さて、POP広告の最終目的は「買ってもらう」ことですが、その一歩手前を目標にする方が効果的なことがあります。
では・・・「買う一歩手前を目標にする」とは、どういうことなのでしょうか?

店頭ポップ のテンプレート一覧へ

店頭に掲示してお客様にアピールするPOPのテンプレート集です。
「店長おすすめ!」「人気商品」「期間限定」などワンフレーズのキャッチコピーをそのまま印刷するだけのPDF形式のテンプレートと、写真を入れたりテキストを自由に編集できるWebアプリ対応版があります。
POPは「いつもお客様のそばにいる販売員」。商品の魅力を、商品への思いをお客様に伝えてください!

[PR]
[PR]
このコラムをシェアする