契約書作成の注意点

2017年12月15日

契約書作成の注意点
「契約書」とは、売買取引、業務委託、金銭の貸し借りなど、様々な取引において、条件や約束事を文書化したものです。
口頭のみの取り決めであったり、取引条件が曖昧だと、担当者が変わった時点で必要な情報が引き継がれなかったり、双方の認識が異なっていたり、注意すべき点が見逃されるなど、トラブルが発生しやすくなります。そして、もしトラブルになった場合、契約内容を証明するものがなければ解決も困難です。
そこで、新たな取引をおこなう場合には、契約書を取り交わすようにしましょう。

契約書テンプレートについて

テンプレートBANKでは、業務委託や雇用、土地・建物などの売買・賃借、金銭消費賃借等、ビジネスをするうえでしばしば必要になる契約書を、それぞれの内容に即した文面を入れた雛形として提供しています。
文面はあくまでも参考例です。実際の契約内容に合わせて文面は書き換え、双方で十分に確認のうえ、ご使用ください。
文面はワードで編集できます。

契約書の締結

契約書は、契約を結ぶ者同士が十分に内容を確認したうえで手続きを進めましょう。
契約書には、誰と誰が契約をおこなうのかを明記し、最後に記名・押印します。
印紙税法で課税対象とされる契約書については、金額に応じて定められた金額の印紙を貼付しなければなりません。また、文書の改ざんがしにくいよう、各所に割印・契約印を押します。

二者間で契約書を取り交わす場合は2部作成し、双方が同じものを保管します。

契約書 のテンプレート一覧へ

雇用、売買、業務委託、金銭の貸し借りなど、ビジネス上で発生する様々な取引において、条件や約束事を文書化した「契約書」。契約内容別にサンプル文面を入りの契約テンプレートをご用意しました。実際の取引内容に合わせて書き換えてご利用ください。Wordで編集できます。
※テンプレートのご利用について、当社では責任を負いかねます。ユーザー様ご自身の責任においてご利用いただきますようお願い致します。

[PR] フォントダウンロード販売
このコラムをシェアする
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
無料で5,000以上の
テンプレートをDLするなら!
  • 会員登録・利用料無料
  • 5000以上のテンプレート
  • 1200000人が利用中!
  • 楽々ダウンロード!

>会員の方はこちらからログイン