よく送る郵便物は値上げ?値下げ? 郵便料金改定

2018年04月09日

よく送る郵便物は値上げ?値下げ? 郵便料金改定
2017年6月1日より郵便料金が改定されました。
改定によって値上げになるもの、変わらないもの、また、一部値下げになるものもあります。
私たちが普段書類の送付などによく使う郵便物はどうなのでしょう?
料金不足で戻ってくることのないよう、チェックしておきたいですね。

はがきは62円に値上げ

まず大きく変わったのが、はがきの料金。52円が62円になりました。
往復はがきは104円が124円になります。
ただ、特例があって、年賀状は52円のまま据え置きです(ただし、12月15日から翌月1月7日の期間に差し出された年賀状はがきに限ります)。
ちなみに、6月1日に発売開始となった暑中見舞い用の「かもめ~る」は62円です。

長3(長形3号)・洋0(洋形0号)などの定形郵便は変更なし

オフィスなどではもっともよく使われる、A4用紙を三つ折にして送る際の長3/洋0封筒(120×235mm/235×120mm)、また、A5サイズを二つ折した招待状や一般的な手紙などを送る洋1封筒(176×120mm)洋2封筒(162×114mm)など、「定形郵便物※」については料金の改定はありません。

※定形郵便物…長辺140~235mm、短辺90~120mm以内のもの。長3・洋0封筒がちょうどMAXの120×235mm。

定型外郵便は変更あり・ただし角2(角形2号)はほぼ変更なし

長3・洋0封筒の次によく使われるのが、A4サイズの書類が折らずに入る、角2封筒(240×332mm)ではないでしょうか。
この封筒は「定形外郵便物」ですが、重さが1kgを超えたり厚さが3cmを超えるのでなければ、料金は変わりません。つまり、50gまでなら120円、100gまでなら140円と、これまでと同じ料金で送ることができます。
なお、重さが500gを超えると、600円が570円になるなど、これまでより安くなります。ただし、1kgを超えると、値上げに転じます。

値上げになる郵便物は?

はがき以外で値上げになるものは、定形外かつ「規格外」とされるものです。
規格とは、長辺34cm、短辺25cm、厚さ3cm、重量1kg。これ以内に収まるものは「規格内郵便物」で、値上げ対象ではありません。
規格の大きさ・重さを超えると、大幅な値上げになります。たとえば、50gまでの郵便物は、120円が200円になるなど大きく変わります。
特にサイズの大きいもの、重いものを送る場合は要注意ですね。

郵便料金改定の詳細は日本郵便の案内ページでご確認ください。


宛名印刷 のテンプレート一覧へ

汎用的に利用可能な宛名印刷用テンプレートをご用意しました。ビジネス用/プライベート用どちらも無料でご利用いただけます。Webアプリに対応していますので、住所録の流し込み・行楷書や隷書など毛筆フォントの利用が可能です。

[PR] フォントダウンロード販売
このコラムをシェアする
  • facebook
  • twitter
  • はてなブックマーク
  • Pocket
無料で5,000以上の
テンプレートをDLするなら!
  • 会員登録・利用料無料
  • 5000以上のテンプレート
  • 1200000人が利用中!
  • 楽々ダウンロード!

>会員の方はこちらからログイン