契約書

「業務委託契約書」の無料テンプレート(書式)一覧

契約書-業務委託契約書

業務委託契約書は、委託者が外部へ業務を委託する場合に、委託内容や期日・契約期間、報酬、秘密保持などの契約内容を明記し、委託者と受託者の間で取り交わすものです。
業務委託契約には「請負契約」「委任契約」「準委任契約」があります。
「請負契約」は、当事者の一方が相手方に対して仕事の完成を約し、この仕事の完成した結果に対して報酬を支払う契約(民法632条)です。ソフトウェア開発や建設工事などが該当します。
「委任契約」は、当事者の一方が法律行為の遂行を相手方に委託し、相手方がこれを承諾することによりその効力を生じる契約(民法643条)です。訴訟や契約交渉を弁護士に委任するケースなどが該当し、業務の遂行に対して報酬が支払われます。
「準委任契約」は委任契約と似ていますが、法律行為ではない事務を委託する契約(民法656条)です。事務処理などの業務が該当します。
なお、請負契約は印紙税法上の2号文書に該当するため、印紙の貼付が必要です(電子契約の場合は不要)。
委託業務別に契約書雛形をご用意していますので、契約内容に合ったものをご利用ください。Word(ワード)形式のテンプレートは無料でダウンロードいただけます。

インフルエンサー委託契約書【電子契約/書面契約両対応】

商品やサービスのPRを目的として、それらの情報をSNSに投稿する業務をインフルエンサーに委託する際の諸条件を定めた業務委託契約書テンプレートです。後文は、書面契約、電子契約両方に対応した文面(選択式)になっています。

インフルエンサー委託契約書【電子契約/書面契約両対応】
クリックで拡大表示
  • ファイル形式:ワード
  • ダウンロード数:0
  • 更新日:2023年03月31日

「業務委託契約書」の関連カテゴリ

「業務委託契約書」の関連コラム

「建設業」で使う契約書テンプレート(書式)一覧

建設業向けの契約書テンプレートをまとめて紹介しています。書式は適宜Wordで書き換えてご利用ください。

契約書とは?作成時のポイントや注意点を例を用いて解説

契約書には、書き方・ルールがあります。必要な項目が抜けていたり、不備があった場合には、トラブルになったり、その契約書が無効になってしまうこともありえますので、しっかり把握しておきましょう。また、電子契約書の書き方の注意点や書面契約書との違いについても説明しています。 テンプレートと合わせてこちらもお読みください。

契約書作成の注意点

雇用、業務委託、売買、賃借等の契約書テンプレートです。サンプル文面が入っていますので、実際の契約内容に合わせて書き換えてください。文面はワードで編集できます。また、ご利用は無料です。

電子契約のメリットと導入時の注意点

電子契約って、業務の効率化やコスト削減などさまざまなメリットがあるというけれど、具体的にどんなもの?また、導入する前に知っておくべきことは?など、契約業務を熟知した行政書士が解説します。

その契約書、印紙は必要?金額は?どちらが貼るもの?ルールを解説

契約書には、印紙が貼ってあるもの、ないものがあります。 どのような契約書に印紙が必要なのか、その金額はどう決まるのか、貼り忘れるとどうなるのか?など詳しく解説します。

よくある質問

Q.テンプレートBANKのテンプレートはどれも無料で使えますか?

テンプレートBANKのTOPページに掲載している「ビジネス書類テンプレート」「デザインテンプレート・イラスト・画像」の各テンプレート、イラスト・写真素材はすべて無料会員登録のみでご利用いただけます

Q.ダウンロードしたテンプレートは社内で共有できますか?

テンプレートを使用して作成した書類は共有いただけますが、テンプレートそのものは共有いただけません。お手数ですが、テンプレートをご利用になる方は、各自無料会員登録をお願いします。

Q.ダウンロードしたテンプレートはどこに保存されますか?

Windows(Chrome、Edge)、Mac(Safari)とも、自身でフォルダ設定をしていなければ「ダウンロード」フォルダに保存されます。ダウンロードフォルダは、Windowsの場合は「エクスプローラー」から、Macの場合は「Finder」からアクセスできます。

Q.書式をダウンロードしたものの、書き方(書く内容)がわかりません。

書類の書き方については、記事で解説しています。参考にしてください。
ビジネスお役立ちコラム
※テンプレート一覧の下に関連コラムを掲載しています