母の日に贈りたい一言メッセージ(実母・義母・妻)&テンプレート

2020年04月30日

母の日に贈りたい一言メッセージ(実母・義母・妻)&テンプレート
お母さんにはいつも感謝しているけれど、改めて言葉にするのはちょっと気恥ずかしい、面と向かうとなんだか照れくさいから言葉にできない…ということ、ありますよね。でも、母の日は、日頃の感謝の気持ちを伝えるチャンスです。贈り物に添えて、お母様への「ありがとう」「大好き」の気持ちをメッセージカードに綴ってみてはいかがでしょう。
今、新型コロナウイルス感染症による外出自粛で、遠くに住む親には会いに行けません。また、一緒に住んでいても、家にいる家族の世話や心配で気苦労が絶えないかもしれません。そんなとき、感謝やねぎらいの言葉をもらったら、どんなにうれしいでしょう。
そこで、母の日に贈るメッセージカード・テンプレートや、贈る相手に合わせたメッセージの例文をご紹介していきます。

母の日には一言メッセージを添えて

とある調査によると、母の日にもらってうれしいものの上位の中には、花などのギフトと並び、「感謝の言葉」があるそうです。日頃、何も言わなくても家族のために働いてくれているお母さんも、やっぱりねぎらいの言葉をもらえるとうれしいのですね。

今度の母の日(2020年は5月10日)には、プレゼントを渡すだけではなく、メッセージカードを添えて贈ればきっと喜ばれるはず。

そこで、今すぐ作れる母の日カード・テンプレートをご紹介します。
どのデザインも、はがきサイズ/名刺サイズ(A4用紙に10枚)が選べますよ。

母の日の一言メッセージのポイント

・短めでOK
カードに綴るメッセージは、2~3行程度で十分。気持ちを込めた一言を。もしも長くなりそうであれば、別で手紙にするか、動画にして観てもらうのもよいでしょう。

・丁寧な手書きがベター
字が上手くない、忙しいなどの理由から、パソコンで印刷してしまおうと思いがちですが、できれば手書きしましょう。印刷されたメッセージは何となく味気ないもの。字の上手い下手より、一生懸命丁寧に書いてくれたメッセージをもらうとうれしいものなのです。

・ねぎらいの言葉や感謝の言葉を書く
お母さんは、人知れず家族のために身の回りのことをしてくれるだけではなく、気遣ってくれたり、理解してくれていたりと、たくさんのことをしてくれています。それらのことを考えながら、感謝の気持ちやお母さんに対する愛情の気持ちを書くようにしましょう。「ありがとう」の気持ちや、「お母さんが家族のためにしてくれていること、ちゃんとわかってる」ということを伝えるだけでも、贈られた側はうれしいはずですよ。

・自分の言葉で書く
「ありがとう」「Thank you!」などのシンプルな言葉もよいのですが、あなたらしい言葉で表現できると気持ちが伝わりやすいです。たとえば、「毎日美味しいお弁当をありがとう」「おもしろくてかわいいところが大好き!」「お仕事に一生懸命取り組むママは私の自慢です」など、感謝や愛情が伝わる素直な言葉を書くとよいでしょう。

・動画メッセージや絵も素敵
遠くに住むお母さんには、家族総出演の動画メッセージを贈ってもいいですね。また、言葉だけでなく絵を贈るのも喜ばれると思います。

実母へのメッセージ例文

実母にはあまり気を遣わなくてもよいので、ありのままの気持ちを書くとよいでしょう。何歳になっても母親にとって子どもは子ども。気の利いたメッセージでなくてもすべて受け入れてくれると思って、自由に書いてみましょう!

●感謝を伝える
・お母さんへ いつもみんなのことを考えてくれてありがとう。これからもよろしくね。
・お母さん 毎日早起きをしてお弁当を作ってくれてありがとう。
・お母さん 毎日仕事で忙しいのに、私たちの身の回りのこともしてくれてありがとう。
・ちょっと照れくさいのでカードにしました。いつもありがとう、お母さん。いつまでも元気で長生きしてください。
・お母さん 子育てをしてみてお母さんの偉大さに気がつきました。ホント、大変だったんだね(笑)、育ててくれてありがとう!
・お母さんの子どもでよかった!産んでくれありがとう。今、とても幸せです。


●「大好き」を伝える
・お母さんのことが世界中で一番大好き!
・お母さんの作ってくれるカレーが世界で一番好き!これからも作ってください。
・第一線で仕事をこなすカッコイイお母さん。私の憧れです!


●遠方に住む母親へ
・GWにはお母さんの顔を見たかったけれど、帰れなくてごめんね。私は元気にしているから心配しないで。いつも気遣ってくれてありがとう。
・かあさん、元気にしていますか?おやじも手がかかると思いますが、かあさんあってのおやじです。これからも、不肖の息子共々よろしくお願いします。
・なかなか会えないけれど、いつも大好きなお母さんのことを思っています。こういう時期だから、無理をせず体を大切にしてね。

義母へのメッセージ例文

義母に贈るメッセージとなると、ちょっと構えてしまうかもしれませんが、義母との思い出や、してもらってうれしかったことなどを交えると書きやすいですよ。宛名を書く時には、「お義母さん」より「お母さん」「おかあさん」とした方が壁を感じずに好印象です。

文体は、日ごろのお付き合いの程度によって敬語にするか話し言葉にするかを決めましょう。また、義母にとっての実の息子や娘の名前を書く場合、呼び捨てにすると気になる方もいるかもしれませんから「さん」付けにしておきましょう。

●女性から
・お母さん この家に来て3年が経ちました。いつも色々と教えてくださり、感謝しています。これからもご指導よろしくお願いします。
・おかあさん いつも何かと気遣っていただきありがとうございます。お花は○○さんと選びました。気に入っていただけるとうれしいです。
・おかあさん ○○さんを産んでくださったことに感謝します!私には良き夫、子どもたちには良き父親となってくれて、我が家は幸せいっぱいです。おかあさんもいつまでもお元気でいてください。
・お母さん いつも子どもたちを預かっていただき、本当にありがとうございます。子どもたちが「おばあちゃんのコロッケが美味しい」と言うので、今度作り方を教えてくださいね。


●男性から
・お母さん いつも子どもたちを可愛がっていただきありがとうございます。心から感謝しています。
・お母さん ○○さんは僕には出来すぎた妻です。きっとお母さんが愛情深く立派に育ててくださったからだと思います。ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

夫から妻へのメッセージ例文

お子さんのいらっしゃるご家庭の場合、妻である奥様に感謝の気持ちを贈りたいというご主人もいらっしゃいますよね。ただ、妻からすると「私はあなたの母親ではない」と感じる場合もありますから、家族みんなからお母さんへ、という形にしてはいかがでしょうか。

子どもや家族みんなが差出人であれば、宛名は「ママヘ」とか「お母さんへ」でもよいのですが、夫自身から妻に対して感謝の気持ちとしてのメッセージを贈るのであれば、宛名は「ママヘ」としないで名前にした方がよいでしょう。

●夫から妻へ
・○○へ いつも子どもたちの素敵な母親でいてくれてありがとう。僕にとっては最高の妻です。
・僕の愛する奥さんへ 子どもたちの寝顔を見るたびに、幸せな気持ちになり、君への感謝の気持ちがあふれます。なかなか言えないからメッセージにしてみたよ。ありがとう。
・○○へ 僕たちが結婚してもう△年だね。子どもたちも大きくなり、なかなか2人きりの時間もなくなって言えなくなってしまったけど、いつも感謝しています。
・○○ 子どもたちの良き母でいてくれてありがとう。君は我が家の大切な宝です。


●家族みんなからお母さん(妻)へ
・お母さんへ いつも僕たちやパパの面倒をみてくれてありがとう。いつまでもきれいでいてね。○○とパパより
・ママへ ママがわらっているかおがだーいすき。ママいつもそばにいてくれてありがとう。○○&パパより

まとめ

あたりまえのように過ごしている日常の中で、実はお母さんにしてもらっていることがたくさんあります。また、子どものことを愛し、一番に考えてくれているのもお母さん。
「母の日」は、そんなお母さんに感謝の気持ちを伝える絶好の機会です。
特に今は感染症の流行で、家族の心配をしたり、感染防止のためにあれこれ気を使って対策したり、最前線で仕事をしたり、在宅勤務や休校で家事の負担が増えたり…と、気持ちに余裕がなくなっているかもしれません。そんな時、心に潤いを与えてくれるのが、感謝やねぎらいの言葉です。

テンプレートBANKでは、母の日に贈るメッセージカードのテンプレートも多数ご用意しています。パソコン・スマホ・タブレット、あとはプリンタと紙さえあればOK。今すぐ作ってみませんか?

母の日 のテンプレート一覧へ

母の日に、お母さんに送るカードのデザインテンプレートです。きれいなカーネーションのイラストのカードに一言添えて。照れくさくてメッセージが書けない方は、ありがとうのメッセージ付きのカードをどうぞ。

[PR]
[PR]
このコラムをシェアする