ペーパークラフトPDFショップ「ペパクラマーケット」
ペーパークラフトPDFショップ「ペパクラマーケット」 ペパクラマーケットTOPへ
作り方 おすすめ用紙
サンプルのCOFFEEここではサンプルデータ(無料)を使用して、関口さんのポップアップカードの作り方を説明します。他の作品もほぼ同じ手順で作成できます。
(作成する前に作品紹介ページにある各作品のコメントにぜひ目を通してみてください)

>>>サンプルデータ(COFFEE)のダウンロード(128KB)
PDFデータについてはガイドをお読みください。

用意するもの
道具一覧
カッター
カッターマット(厚めの紙などでもよい)
定規(透明のものだと作業しやすい)
両面テープ(幅5mm)またはのり(テープ式の強力糊がおすすめ。みずっぽいものだとカードが波うってしまいます)
あればピンセット
印刷した紙
  ※印刷部分の手順は省略します。印刷の向きや印字品質を確認してから印刷してみてください。
印刷おすすめ用紙
作り方
道具一覧各型紙は「台紙」部分と「立体」部分に分かれています。
まず、「台紙」部分を切り離し、はさみかカッターでていねいに切り取っておきます。

作者からアドバイス
印刷した紙から台紙を切り離す前に、折り曲げ位置の矢印に従って千枚通しなどのとがった物で折り目にスジを付けてから切り離すと折る位置が定まってきれいにできます。
道具一覧次に「立体」部分を型紙に指示されているとおり、折る前の切り取り部(濃い灰色部分)を切り抜き、灰色の線に沿ってカッターで切り抜いていきます。(ミドリ線、アカ線の部分は折り線なので切らないよう注意!)

道具一覧切り抜き終わったら「立体」に仕立てるのですが、その前に立ち上げる部分に折りくせをつけておくとうまくいきます。先のとがったもの(カッターでも可)で切り取ってしまわないようそっとなぞっておくと作業がラクになります。

※写真ではカップの取手部分が切り抜かれていませんが、失敗です。濃い灰色部分なのに切り抜いていないことをあとで気がつきました。
先に切り抜いたほうが作業しやすいので、ご注意ください。まぎらわしくて申し訳ありません。
道具一覧作業している面が裏面です。表と裏を意識しながら、折り線をつくりつつ立体を立ち上げてみます。
このときピンセットを使うと便利です。
道具一覧折り目がついたら薄い灰色部分を切り抜きます。
細かい部分がとれてしまわないよう注意して!

道具一覧のりつけ表示部分に両面テープまたはのりをつけて型紙にそっとはりつけます。
道具一覧完成です!
メッセージなどを書き込んで、さあ、何に使います?